【ふにゃちん】ちんこを硬くする方法!勃起力を向上させる秘訣とは?

せっかく、前戯では勃起していたのに、本番で萎えてしまった経験があるはずです。
女性と密な時間を過ごしたい男性にとっては、死活問題ですよね。
本記事では、ふにゃちんや中折れの原因と治し方、勃起力を向上させる秘訣をご紹介していきます。
ふにゃちんや中折れを治し、自信みなぎるちんこを手に入れて、心も体も満たされる充実したセックスをしましょう。
最初は、ふにゃちん意味や硬さのレベルについて解説していきます。

まずはふにゃちんレベルをチェックしよう

ふにゃちんとは、ふにゃふにゃなちんこの略で、「勃起はするけれど、あまり硬くならないちんこ」のことをいいます。
また、中折れとは、「セックス中にペニスの硬さがなくなり、萎えてしまう現象」です。
「どれくらいの硬さであれば、ふにゃちんなのかな?」と思うのであれば、以下の表を参考にしてください。
アメリカ版の勃起硬さ指標「EHS:Erection Hardness Score」を参考にして、2009年に日本語版がつくられたのです。

グレードイメージ状態説明
グレード0大きく勃起できない
グレード1こんにゃく大きく勃起できるが硬くはない
グレード2みかん大きく勃起できるが挿入に十分ではない
グレード3グレープフルーツ挿入できるほど勃起できるが、完全に硬くはない
グレード4りんご完全に硬く勃起できる

ふにゃちんは、グレード1~3の状態をいいます。
実は、「ふにゃちん」や「中折れ」は、ED(勃起不全)の初期症状といわれており、若い男性でも起こりえる現象なのです。
ED(勃起不全)とは、「セックスに十分な勃起が維持できず、満足に性交ができない状態」と定義されています。
つまり、勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で柔らかくなって萎えてしまったりする症状のことです。
EDは、グレード0~2の場合をいいます。
更にグレード3の場合であっても、セックスをする勃起力がないのであれば、EDの可能性があります。
この「ふにゃちん」や「中折れ」を放置しておくと、様々な症状をもたらし、命に関わる病気に繋がる可能性があります。
早期に原因を究明し、対策を立てる必要があるのです。
次の項では、ふにゃちんや中折れになる原因を挙げましたので、あなたの状況と照らし合わせながらお読みください。

参考:リブラクリニック

ふにゃちん・中折れになる5つの原因

ふにゃちん・中折れになる原因は、以下の5つが挙げられます。

  • メンタル面
  • 肉体面
  • 服用している薬の影響
  • 生活習慣
  • ちんこを使わないから

メンタル面

ふにゃちんや中折れになるのは、メンタル面に原因がある可能性があります。
以下、精神的なことが原因で、ちんこが硬くならない場合の具体例を挙げました。

  • 疲れが溜まっている
  • セックスに対して嫌悪感がある
  • 失敗に対する恐怖がある
  • 妊活がプレッシャーになっている
  • 特定の相手に性欲を感じない
  • コンプレックスがある
  • うつ症状
  • セックスにマンネリを感じる
  • 仕事や人間関係にストレスを感じている

もし、思い当たるものが1つでもあるのなら、改善策を打つ必要があります。
また、心の状態だけでなく、体の状態によってもふにゃちんになる可能性があります。
次の項では、肉体面が原因として挙げられる例を記しました。

肉体面

肉体面になんらかの障害がある場合、ふにゃちんや中折れになる可能性があります。
以下、ちんこが柔らかくなる原因を上げましたので、あなた自身の現在の症状と照らし合わせながらご確認ください。

  • 疲労がある
  • 加齢の影響
  • 体力が低下している
  • 睡眠不足である
  • 風邪気味である
  • ハードな運動をしている

中折れやふにゃちんなどの、勃起力が弱い状態は、動脈硬化の前兆だといわれています。
中折れやふにゃちんは、ちんこ内の血管が固くなったり、血液が詰まったりすることで起こる現象だからです。
以下、中折れやふにゃちんが原因として、挙げられる病気の存在を記します。

  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 男性の更年期障害
  • アルツハイマー病
  • 脳梗塞

中折れを放っておくと、血管系の病気である心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病気に繋がる危険があります。
中折れは、生活習慣病の前兆。
「ふにゃちんぐらい…」と思わずに対策を打つことが大切です。

服用している薬の影響

服用している薬の影響によって、ちんこがふにゃちんや中折れになる場合があります。
以下、中折れやED(勃起不全)、性欲の低下が副作用として挙げられる薬をまとめました。

  • 高血圧治療薬
  • 抗うつ薬
  • 鎮痛剤
  • 高コレステロール治療薬

ED(勃起不全)が副作用として挙げられる医薬品は、約111種類にのぼります。
点眼薬であっても油断はできません。
もし、中折れ状態が頻繁に続くようでしたら、かかりつけの医師に相談し、必要であれば薬の変更を申し出てください。

生活習慣

生活習慣によって、ちんこがふにゃちんになったり、中折れになりやすくなったりします。
以下のようなことが多く当て嵌るのであれば、生活習慣が原因だといえます。

  • 喫煙をしている
  • 運動不足気味だ
  • 質の良い睡眠がとれていない
  • 主にデスクワークである
  • 食生活が不規則だ
  • バランスの良い食事が摂れていない
  • お酒を飲みすぎている

普段何気ない行動が、中折れやふにゃちんを引き起こす原因に繋げている可能性があります。
ぜひ、あなた自身の生活を見直す機会にしてください。

ちんこを使わないから

単純にちんこを使って射精をしないことが原因で、ふにゃちん・中折れになる場合があります。
使わない筋肉が衰えるのは、ペニスでも同じことがいえます。
長い間、セックスやオナニーによる射精をしていないのなら、射精の感覚を体が忘れてしまっているかもしれません。

とはいえ、「オナ禁をする方が、モテる」や「オナニーのしすぎは、頭を悪くするのでは」と思う方もいるかもしれません。
実は、オナ禁をすることでモテたり、オナニーをしすぎることで頭が悪くなったりすることは迷信です。
あなたの体と相談しながら、最低でも1週間に1回はオナニーやセックスをすると良いでしょう。
ちんこが射精の感覚を忘れないようになるはずです。

【脱ふにゃちん】ちんこを硬くする方法

ふにゃちん・中折れを治す方法として5つ挙げました。

  • ED治療薬
  • 低出力衝撃波治療
  • カウンセリングを受ける
  • 生活習慣の改善
  • 増大サプリの使用

5つ方法を、「即効性」「安全性」「確実性」「副作用」「価格」から評価しました。

即効性安全性確実性副作用価格
ED治療薬
低出力衝撃波治療なし
カウンセリングなし
生活習慣の改善なし
増大サプリなし

◎…非常に良い
〇…良い
△…検討の余地有り

それぞれの改善策のメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

ED治療薬

ED治療薬によって、ちんこを硬く勃起させることができます。
ED治療薬の全体的なメリットとデメリットを挙げました。

ED治療薬
メリット・即効性がある
・確実性がある
デメリット・副作用がある
・EDの根治には至らない
・持病によって服用できない人がいる

ED治療薬には、3つの種類があります。

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

それぞれの薬には、特徴があります。
以下、バイアグラ・レビトラ・シアリスの持続時間、効果発動時間、食事の影響を表にまとめました。

持続時間効果発動時間食事の影響副作用
バイアグラ4時間1時間影響される有り
レビトラ4時間15分~1時間700㎉まで摂取できる
シアリス30~35時間遅い影響されにくい

3つのED治療薬の共通点として、副作用が挙げられます。
下に記した3つの症状がED治療薬の副作用として挙げられます。

  • 頭痛
  • ほてり
  • 鼻づまり

更にED治療薬は、心疾患や脳疾患などの持病がある方は、服用することができません。
持病によってED治療薬が飲めない方や、副作用を気にされる方は、次の項で解説する「低出力衝撃波治療」をおすすめします。

低出力衝撃波治療

低出力衝撃波治療によって、血管性EDを根治することができます。
低出力衝撃波治療とは、低出力の衝撃を与えることで、ペニス内の毛細血管を新たに生成させる治療法です。
低出力衝撃波治療は、もともと体内にある結石を切らずに治療するために開発された装置。この結石を粉砕するエネルギーを弱めてペニスに当てることで、陰茎の血管組織の活性化を促すのです。
以下、低出力衝撃波治療のメリットとデメリットを記しました。

低出力衝撃波治療
メリット・副作用がない
・痛みがほとんどない
・麻酔はなし
・服用中の薬に左右されない
・血管性EDを根本から治すことができる
デメリット・価格が高い
・1ヶ月程クリニックに通う必要がある

現在では、様々なクリニックが「低出力衝撃波治療」ができる装置を取り入れています。
低出力衝撃波治療ができる装置は、3つあります。

  • ED1000
  • ED-MAX
  • RENOVA(レノーヴァ)

この3つの装置によって、血管組織を活性化し、勃起力が高まります。
それぞれ3つの装置の治療期間と治療時間を以下の表にまとめました。

治療期間と治療時間
ED1000治療期間:9週間
1~3週間目:1週間に1回ずつ照射
4~6週間目:休止期間
7~9週間目:1週間に2回ずつ照射
治療時間:約20分
ED-MAX治療期間:5週間で6回の治療を行う
1週間目:2回照射
2週間目:休止期間
3週間目:2回照射
4週間目:休止期間
5週間目:2回照射
治療時間:約15~20分
RENOVA治療期間:1か月
1週間目:1回照射
2週間目:2回照射
3週間目:3回照射
4週間目:4回照射
※休止期間なし
治療時間:約20 分

低出力衝撃波治療は、血管性EDの根治ができる画期的な装置です。
デメリットは、保険がきかないため20~40万程のかかること。
お財布と相談をしながら、検討してみてください。

次の項では、「メンタル面」が原因の方でふにゃちんや中折れになっている方に向けて、改善方法をご紹介していきます。

カウンセリングを受ける

「メンタル面」に障害があると感じる場合、カウンセリングを受けることで、ふにゃちんや中折れを改善することができます。
なぜなら、ストレスや疲れ、失敗の恐怖でもふにゃちんや中折れになる可能性があるからです。
以下、カウンセリングのメリットとデメリットを表にしました。

カウンセリング
メリット・原因の根本を解決できる
・時間がない方はメールでの相談を受け付けているところもある
デメリット・時間がかかる
・医師との相性がある

カウンセリングと聞くと、心療内科のような行きづらいイメージがあるかもしれません。
もし、心療内科に行きづらいのであればEDの専門のクリニックへ行くことをおすすめします。
院内には男性しかおらず、個室で話を聞いてもらうことができます。
血液検査や簡単な身体検査を行いますが、ズボンを脱ぐ必要はありませんので、ご安心ください。
専門的な医師に相談をすることで、新たな解決策が見つかることでしょう。
どうしても多忙な方は、メールでの相談を受け付けているクリニックがありましたので、活用してみてはいかがでしょうか。
次は、生活習慣が原因でふにゃちんや、中折れに至っている場合の改善方法を解説してきます。

生活習慣の改善

中折れやふにゃちんを改善する方法として生活習慣の見直しが挙げられます。
生活習慣を改善することのメリットとデメリットを以下の表に挙げました。

生活習慣の改善
メリット・健康力を向上させる
・EDを根本的に改善できる
デメリット・効果を実感できるのに時間がかかる
・継続する忍耐力が必要

「生活習慣」と一言で言っても幅広いので、4つの改善点を挙げました。

  • 質の良い睡眠を取る
  • 食事改善をする
  • 運動を習慣づける
  • 禁煙する

以下、4つの改善策の方法や効果、注意点を解説します。

改善策方法
効果
注意点
解説
質の良い睡眠を取る具体的方法・寝る前のスマホやパソコンをやめる
・寝る前のアルコールをやめる
・寝具を清潔にする
効果・成長ホルモンが分泌される
・疲労回復効果
注意点入眠後の最初の3時間に成長ホルモンが分泌される
⇒むやみに睡眠時間を長くしても無意味!
食事改善をする具体的方法・バランスのとれた食事を摂る
・間食をしない
・1日1食を和食にする
効果・和食は、血行を促進する効果がある
・バランスの良い食事は、精神を安定させる
・免疫力が向上する
運動を習慣づける具体的方法・スクワットをする
・ジョギングやランニングをする
・筋トレをする
効果・ストレス発散
・男性ホルモンを分泌させる
・生活習慣病予防
注意点激しい運動は、逆に男性ホルモンの分泌を低下させる
禁煙をする具体的方法・ニコチンパッチを使用する
・ニコチンガムを使用する
・禁煙外来へ通う
・周りに禁煙宣言をする
効果・血行促進
・血管が若く柔らかくなる
・血管が柔らかくなる
・精子の質や運動率の向上

何気なく行っている生活習慣が、体内の血行を悪化させ、結果的に中折れやふにゃちんの原因を作り出している場合があります。
一朝一夕にいきませんが、より確実で健康的な方法といえるので、ぜひ全ての男性に行っていただきたいと思います。
どうしても、生活習慣を変えるのが難しい方は、次の項でご紹介する「増大サプリの使用」をおすすめします。

増大サプリの使用

増大サプリを使用することによって、ふにゃちんや中折れを改善することができます。
増大サプリとは、ちんこを増大させる成分が配合されたサプリメントのことです。
以下、増大サプリのメリットとデメリットを表にあらわしました。

増大サプリの使用
メリット・副作用がなく安全に効果を実感できる
・中折れ防止だけではなく、ペニス増大も見込むことができる
・健康力を向上させる
デメリット・即効性がない
・継続的に摂取する必要がある

ペニス増大と聞くと、医薬品成分のバイアグラのようなイメージがある方もいるかもしれませんね。
増大サプリは、「健康食品」の位置づけとなっておりますので、副作用の心配はありません。
増大サプリにはどんな成分が配合されているのでしょうか。

成分名詳しい説明
シトルリン食品・スイカ
・メロン
栄養素・アミノ酸
効果・血行促進効果
・血管拡張効果
アルギニン食品・豚肉
・牛肉
栄養素・アミノ酸
効果・血行促進効果
・血管拡張効果
・運動パフォーマンスの向上
亜鉛食品・牡蠣
・うなぎ
栄養素・ミネラル
効果・精子の質や運動率の向上
・ED予防
・性機能の活性化
トンカットアリ解説・東南アジアで有名な滋養強壮効果のあるハーブ
※昆虫のアリではないので注意してください
効果・男性ホルモンの分泌
・勃起行動の向上
・精力アップ
クラチャイダム解説・タイなどの熱帯地域にみられる
・ショウガに似た薬用植物
・「黒ショウガ」「黒ウコン」とも呼ばれている
効果・血行促進効果
・成長ホルモンの分泌
・男性ホルモンの分泌
・精力増強
マカ解説・南米ペルーに自生するカブに似た高山植物
・「アンデスの高麗人参」とも呼ばれている
効果・精子の生成向上
・精子の運動率向上
・男性不妊症の改善
・精力回復
・性欲向上

増大サプリは、血行促進効果があるため、疲労回復や男性の更年期障害の予防としても役立つ製品です。
ちんこ内の血行もよくなるため、勃起硬度が向上したり、ちんこが増大したりします。
ただ、増大サプリは継続して摂取しなければ効果があらわれないため、根気よく続けられる人におすすめです。

まとめ

以上、ふにゃちんや中折れになる4つの原因と5つの治し方を解説しました。
鉄は熱い内に打てといいます。
ちょっとでも体に異変を感じたら、放っておかずにあなたに合った改善方法を模索し実行しましょう。

ぜひ、硬い勃起力を手に入れて、充実したセックスライフをお楽しみください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です